野見山暁治について

野見山暁治 略歴

1920 福岡県生まれ

1943 東京美術学校油画科を卒業。応召、満州に派遣
1946 第2回西部美術展覧会で福岡県知事賞、翌年会員
1948 第2回自由美術家協会展で協会賞、会員に推挙
1952~64 滞仏

1955 サロン・ドートンヌ会員
1958 第2回安井賞

1968 東京芸術大学助教授(’72教授)に就任(1981年退官)
1992 第42回芸術選奨文部大臣賞
1994 第1回福岡県文化賞
1996 毎日芸術賞
2000 文化功労者
2005 第53回菊池寛賞

個展

1983 北九州市立美術館、東京セントラル美術館
1996 練馬区立美術館
2003 東京国立近代美術館
2004 大分市美術館、富山県立近代美術館、愛知県美術館

著書

1961 『愛と死はパリの果てに』(講談社)
1977 『祈りの画集 戦没画学生の記録』(共著、日本放送出版協会)
1978 『四百字のデッサン』(河出書房新社、第26回日本エッセイスト・クラ ブ賞受賞)
    『野見山暁治の風景デッサン』(河出書房新社)
1979 『さあ 絵を描こう』(河出書房新社)
    『愛と死はパリの果てに』(講談社)を 『パリ・キュリィ病院』(筑摩書房)として再版 
1982 『遠ざかる景色』(筑摩書房)
1984 『絵そらごとノート』(筑摩書房)
1986 『野見山暁治素描集 デッサン』(用美社)
1990 『一本の線』(朝日新聞社)
1994 『空のかたち 野見山暁治美術ノート』(筑摩書房)
1997 『署名のない風景』(平凡社)
1999 『しま』(光村教育図書)
2004 『いつも今日』(日本経済新聞社)
2007 『アトリエ日記』(清流出版)
    『ケムクジャーラ』(ネット武蔵野)
2009 『続アトリエ日記』(清流出版)
2010 「戦争」が生んだ絵、奪った絵
2011 『異郷の陽だまり』
2011 『目に見えるもの』
2014 『やっぱりアトリエ日記』